泌尿器科

基本方針

当院の泌尿器科は、地域がん診療連携拠点病院として、腎がん、尿路上皮がん(腎盂 ・尿管・膀胱がん)、前立腺がん、精巣腫瘍などの診療をしています。
また、尿路結石や前立腺肥大症などの良性疾患の診療、内分泌疾患である副腎腫瘍に対する外科的治療、透析をしている患者さんへの生体腎・献腎移植も行っています。手術全般は内視鏡手術が中心です。泌尿器科救急疾患についても救急センターと連携し診療をしています。

泌尿器科で扱う症状・疾患

腎細胞がん

4cmから7cm以下の腎腫瘍の場合は腎臓を丸ごと摘出するのではなく、腫瘍の部分だけ摘出する腎部分切除術を標準治療としています。
できるだけ傷が小さく目立たないように腹腔鏡下腎部分切除術も積極的に行っています。
転移性腎がんの場合は、インターフェロン、分子標的薬、ニボルマブなどを用いた全身療法を行っています。

尿路上皮がん

腎盂・尿管がんについては、造影CTなどの画像検査、麻酔下での尿管鏡検査や生検などで組織診断を行っています。
がんと診断された場合は、病期(ステージ)評価をし、必要があれば腹腔鏡補助下摘出術を行っています。 膀胱がんについては、経尿道的内視鏡手術で診断的治療をします。腫瘍が膀胱の筋層まで入り込んでいない表在性がんの場合は内視鏡手術だけで済みますが、腫瘍が筋層まで入り込んだ筋層浸潤性がんの場合は腹腔鏡下膀胱全摘を行っています。
但し患者の状態や希望によっては、膀胱全摘を行わず放射線科と連携し抗がん剤と放射線治療の併用を行う場合もあります。膀胱全摘を行った後は尿路変向術も同時に行います。
転移性尿路上皮がんに対しては抗がん剤治療や免疫チェックポイント阻害薬での治療なども行っています。

前立腺がん

腫瘍マーカーであるPSAが高い場合に発見されることが多いです。
確定診断には前立腺針生検が必要ですが、当科では静脈麻酔で行っているため痛みを伴いません。前立腺針生検でがんと診断された場合は、病期(ステージ)評価を行います。
限局がんであった場合は、リスク評価を行い、監視療法、腹腔鏡下前立腺全摘出術、放射線治療などを行っています。放射線治療を希望される場合は外来通院が原則ですが、遠方在住の方については入院して行う場合もあります。
転移がんに対しては初回ホルモン治療が主です。(前立腺がんは男性ホルモン依存性であるため、ここで言うホルモン治療とは男性ホルモンを抑える治療のことです) 初回ホルモン治療の効果がなくなった場合(去勢抵抗性といいます)は、適宜画像含めた評価を行い、症例によっては新規ホルモン製剤や抗がん剤であるドセタキセル、カバジタキセルを用いた化学療法、骨転移を伴う場合はラジウム(Ra223)による内用療法も行っています。

精巣腫瘍

比較的若年者から青年層に多い疾患ですが、陰嚢が痛みもなく腫大してくる場合に疑います。
早期に外科的治療を行い、進行具合によっては化学療法が必要になります。当院では血液腫瘍内科と連携して化学療法を行います。

排尿困難

原因として多いのが前立腺肥大症(男性の場合)や神経因性膀胱です。
超音波検査などで前立腺の大きさを測定し、治療としてはまず薬物治療を行います。
薬物治療で症状が改善されない大きい前立腺肥大症や、尿閉(尿が全く出せなくなること)や尿路感染を繰り返す場合は外科的治療を行います。
外科的治療としては、これまで内視鏡手術であるTURisP、TUEBを中心に行っていましたが、2017年10月から機器導入に伴いホルミウムレーザーを用いたHoLEP(前立腺核出術)も開始しました。
膀胱機能が低下した神経因性膀胱の場合は薬物治療や自己導尿(患者さん自身が導尿を行う)を指導します。

骨盤臓器脱

女性骨盤底の支持機構が妊娠や出産、加齢、閉経などが要因となり、膀胱や子宮などの骨盤臓器が膣の入口から飛び出てくることがあります。
総称して骨盤臓器脱といいますが、2019年度より外科的治療として腹腔鏡下仙骨膣固定術を導入しています。

尿路結石

結石発作をおこした患者さんが救急センターを多数受診されます。
結石の大きさや場所なども検討しつつ、できるだけ保存的治療を行いますが、結石が大きく自然排石が困難な場合は外科的治療を行っています。 具体的には内視鏡的手術(f-TUL、PNL、ECIRS)が主ですが、他院で体外衝撃波結石破砕術(ESWL)や内視鏡手術が困難な場合には、腹腔鏡下尿管切石術なども行っています。
体外衝撃波結石破砕術については現在機器がないため他院へ紹介しています。

副腎腫瘍

内分泌疾患である原発性アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腫などに対して腹腔鏡手術を行っています。

小児泌尿器科

停留精巣に対しては当科で外科的治療を行っていますが、それ以外の疾患に対する外科的治療はしていません。状態をみて小児泌尿器科診療をしている施設へ紹介しています。

腎移植

当院の腎移植の歴史は古く、1987年より開始されました。
当院の特徴として、泌尿器科、腎臓内科、外科それぞれに移植認定医がおり、レシピエントコーディネーターとともにチームで移植をおこなっております。免疫学的に難しいとされていた血液型不適合や二次移植(2回目の移植)も行い、夫婦間移植や透析導入前のプリエンプティブ移植が増えています。当院では献腎登録も可能です。
脳死下臓器提供ができる施設でもあり、県内初の脳死下臓器提供も行いました。

性同一性障害(GID)

沖縄県内・県外で診断されたGID患者さんのうち、外科的・内科的治療が必要な患者さんに対し、ホルモン治療や外科的治療を行っています。
当院のGIDセンターは精神科、婦人科、形成外科、外科、泌尿器科、小児科が連携しています。

尿路外傷

救急センター・外科医と連携し、迅速な対応が可能になっております。
当院は各科の垣根が低いので、他科の患者さんの泌尿器科疾患、急変などにも対応しています。

泌尿器科 手術実績

主な術式名2017年度2018年度2019年度*
腎・尿管
腎摘除術(尿管摘除含む)開腹手術21
腹腔鏡下手術172217
腎部分切除開腹手術
腹腔鏡下手術177
腎移植生体腎移植術522
同種死体腎移植術11
尿路結石関連TUL221821
PNL43
膀胱
経尿道的膀胱腫瘍切除術303337
膀胱全摘開腹手術1
腹腔鏡下手術14
前立腺
肥大症関連経尿道的レーザー前立腺切除術(HoLEP)215330
経尿道的前立腺核出術(TUEB)111712
前立腺全摘除術腹腔鏡下手術1119
他腹腔鏡関連手術腹腔鏡下副腎摘出術1
腹腔鏡下尿膜管摘出術11
腹腔鏡下腎盂形成術11
腹腔鏡下仙骨膣固定術4
精巣
高位精巣摘出341
精索捻転手術846
停留精巣固定術1054
合計85130119

*2019年度は11月末時点

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった