がん治療を受ける患者さん・ご家族へ

ご挨拶

沖縄県立中部病院
がん診療連携拠点病院運営委員会 委員長 朝倉義崇

日本では2人に1人はがんを患い、3人に1人はがんで死亡される時代となり、全国どこでも標準的ながん診療を受けられることを目的にがん診療拠点病院制度ができました。また、わが国のがん診療の質を高める事を目的に、がん対策基本法が施行されました。これらの理念は、当院の理念と合致するものです。

当院は、平成19年に沖縄県中部地区の地域がん診療連携拠点病院として指定されました。がんの検査、治療、手術、化学療法、放射線療法に加え、緩和ケアの提供や緩和ケア研修会の開催、がん相談支援、セカンドオピニオン、がん情報提供、一般向けや医療者向けの講演会、患者会、がん登録を行っております。地域の病院・診療所と連携を取りながら、様々な状況の患者様に対して適切な医療を提供できるよう体制を整えていきたいと思っております。また医家の皆様に置かれましては、より一層のご鞭撻をお願い申し上げます。

がん治療を受ける患者さん・ご家族へ

がん患者さんやご家族の方が安心して療養を続けることができるように、不安や疑問、心配事についての相談を受けたり、がんに関する情報提供を行い、がん患者さんやご家族さんの生活の質の向上を目指しています。

がん診療担当医について

沖縄県立中部病院 がん種別の担当者リストです。
病名をクリックすると「国立がん研究センターがん対策情報センターがん情報サービス」にリンクします。

主ながん診療担当医一覧はこちら

放射線治療について

外来化学療法について

化学療法とは、がん細胞を攻撃する薬(抗がん剤)を使って行う治療のことです。以前は、抗がん剤治療のつらい副作用へ対応するために、入院しながら化学療法を行っていました。 最近では、副作用を抑えた治療薬や、副作用を軽くするお薬の開発が進み、無理のない化学療法ができるようになりました。その影響もあり、自宅で普段の生活を送りながら治療する 「外来化学療法」が多く行われるようになってきました。

外来化学療法は、入院によって受けるストレスをなくし、普段の生活を送りながら、治療予定や体調に合わせて趣味やお仕事をするなど、患者様やご家族が自分らしさを保つことができる治療のひとつとなっています。 外来通院をしながら、安全で、適切な化学療法を続けていくためには、患者様やご家族が病気や化学療法についてよく理解し、副作用とうまく付き合っていくことが大切です。当院の外来化学療法室では、資料コーナーを設置し、患者様やご家族が、ご自身で体調管理がしやすいように、専任の看護師を設置して相談をお受けしています。

がん登録チーム

がん登録には、

  • 院内がん登録  各病院で実施 (院内の把握)
  • 全国がん登録  国が実施   (罹患数把握)
  • 臓器がん登録  学会等が実施 (ガイドライン等の決定)

があります。この3つのがん登録は、目的や登録内容の範囲、集め方が異なるものになっています。
がん登録は、全国および都道府県におけるがんの発生や死亡の動向の把握、原因の解明、がん種類毎の生存率等を把握するうえで重要なものです。

その中で、「院内がん登録」は、病院でがんと診断されたり、治療を受けたりしたすべての患者について、がんの診断・治療、予後に関する情報を院内にあるデータから収集し、自施設のがん診療がどのように行われているのかを明らかにする役割があります。

がん登録チームの業務

当院では2007年1月1日診断症例から、院内がん登録を行っています。
院内がん登録は、がん診療連携拠点病院の施設認定要件のひとつとなっています。
現在、経営課内に所属するがん登録実務中級認定者3人と専任の初級認定者1人の、計4人体制で活動しています。
院内にあるさまざまなデータから、登録の対象となる患者さんを探し出し、内容を確認して登録や提出、分析することが主な業務です。
がん登録の業務や従事する職員は、個人情報の取り扱いやデータの処理、保護や管理を国の専門的な研修を受けた者が適切に管理しております。

また、平成28年1月に施行された「がん登録の推進に関する法律」において、個人情報の保護や管理、罰則に対する厳しい規定が厳しく定められています。

がん診療実績

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった