耳鼻咽喉・頭頸部外科

基本方針

耳鼻咽喉科・頭頸部外科疾患に対し、地域の基幹病院として、幅広く、かつ質の高い医療を提供します。

診療内容

当院は救命救急センター、地域がん診療拠点病院であり、当科も地域基幹病院として、耳鼻咽喉科・頭頸部外科領域の診療を幅広く、とくに手術治療を中心に行っています。

以下、当科の特徴として、主なものを疾患ごとに説明します。

1.頭頸部癌

頭蓋底から上縦隔までの広い範囲の頭頸部癌を扱っています。治療は発声、構音、嚥下、整容面などを考慮した機能温存手術、低侵襲手術を数多く行っているのが特徴ですが、進行癌に対しては放射線化学併用療法、動注化学療法、拡大切除と再建を組み合わせた治療を行うことができ、放射線科、脳神経外科、形成外科、胸部外科との集学医療が確立しています。術中、術後の合併症も少なく、入院期間が短いのも当科の特徴です。

2.耳鼻咽喉科救急疾患

重症急性扁桃炎、扁桃周囲膿瘍などの感染症に対して、入院の上適切な処置や抗菌薬治療を行っています。また、ときに致命的になる急性喉頭蓋炎に対してはICU管理とし必要に応じて緊急気管切開術を行っています。気管支異物、食道異物に対して迅速な対応が可能で、救急センター、麻酔科、小児科、外科との連携が確立しているのも特徴です。

3.小児耳鼻咽喉科疾患

当院はNICUを有していることもあり、乳幼児の気管切開術を多数行っています。最近では生後間もない、かなり体重の小さい乳幼児に対しても手術を行っていますが、大きな合併症も認めていないことも当科の特徴です。

4.中耳疾患

乳幼児上気道感染症に伴う急性中耳炎の鼓膜切開を積極的に行っています。難治性の滲出性中耳炎、反復性中耳炎に対しては、全身麻酔下による鼓膜換気チューブ留置術などを行います。慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎で難易度の高い手術症例では東北大と共同で手術を行っています。

5.鼻・副鼻腔疾患

慢性副鼻腔炎を代表とする鼻副鼻腔疾患に対して保存治療に限界のある症例に対しては低侵襲の内視鏡下鼻内手術を行っています。薬剤でも反応しない難治性アレルギー性鼻炎に対しては内視鏡下の後鼻神経切断術を行っています。

6.誤嚥性肺炎、声帯麻痺(喉頭機能障害)

重度の誤嚥があり、誤嚥性肺炎を繰り返している人に対して、誤嚥防止手術として、喉頭全摘術や喉頭気管分離術を行っています。また、一側性の声帯麻痺のため嗄声(声がれ)を有する患者さんには喉頭形成術を行い、嗄声の改善を図っています。

*頭頸部外科について

当科は耳鼻咽喉・頭頸部外科と標榜していますが、頭頸部外科とは何でしょうか?
頭頸部とは、鎖骨の上から、頭蓋骨の下まで、脊髄や眼球を除いた頸部、顔面のすべての領域を指します。この部分は、生命を維持するために重要な、呼吸、嚥下、発声などを担当する器官が多くあります。
例えば、舌、咽頭、喉頭、鼻腔、頸部食道など、さらに耳下腺、顎下腺、甲状腺などが含まれます。また、頸部、顔面領域でもあり、整容面でも大切な部分です。従って、専門的な知識と高度な手術技術が求められます。
その専門性を明確にするために、近年では耳鼻咽喉科からも独立した診療科と捉え、頭頸部外科と標榜することが多くなってきています。

当科では耳鼻咽喉領域に加え、とくに、頭頸部外科領域に対しても積極的医療を行っています。

耳鼻咽喉・頭頸部外科外来のご紹介

外来日は月・火・木曜日です。新患は午前のみ、再診は予約制で午前午後の受付です。

外来には通常の電子ファイバースコープの他に、表在癌の描出に優れているNBI(narrow band imaging)内視鏡を設置し、癌の早期発見に努めています。

上記外来日以外でも、重症の上気道感染症や、異物誤嚥、難治性の鼻出血など緊急処置が必要な場合は可能な限り対応します。

スタッフ紹介

須藤 敏
平塚 宗久
照喜名 玲奈
仲宗根 和究
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった