初期研修医

ごあいさつ

沖縄県立中部病院は教育病院です。一部のカリスマ指導医から教えを受けるのではなく、病院全体が教育する環境になっています。
ローテーションする各科の指導医はもちろん、マイナー科の指導医、放射線科や病理の指導医、看護師・薬剤師・ソーシャルワーカーといったコメディカル職種も皆で研修医を育てる文化があります。さらに2年目以上の先輩研修医が1年目を、1年目の新米研修医であっても医学生を教える立場になります。
教わり、教えるというサイクルのもと研修医が最前線で患者診療に当たることで、どこでも通用する基礎力が培われるのです。
われわれが育成するのは、どの科に進むとしても「病歴と身体所見、ベッドサイドでできる簡便な検査」の組み合わせから鑑別診断をあげ、初期対応できる総合力のある医師です。
リソースの限られた離島でも活躍できる人材の育成を原点に持つ中部病院の研修は、医療技術が進歩しても決して揺らぐことのない病歴を聴く力を核にしています。
たくさんの症例を経験する場を病棟、救急、外来で提供します。指導医を中心にベッドサイド教育を毎日行い、真の臨床力を鍛えます。
また、様々なカンファレンスやハワイ大学コンサルタントによるレクチャーなどOff theJobトレーニングの機会も豊富にあります。
一度見学に来て実際に我々のベッドサイドでの教育と研修医のみなのパワーを感じていただければと思います。

研修管理委員長 金城紀与史

理念・基本方針

沖縄県立中部病院の理念に従って自ら行動し沖縄の医療に貢献する人を求めます。

  • 患者中心主義 : Patient Focused
    私たちは、24時間、365日、すべての人々に平等に医療を提供します。
    私たちは、それぞれの患者さまに最適な医療を提供します。
    私たちは、安心して安全な医療を受けることのできる環境を提供します。
  • 社会的貢献 : Social Contribution
    私たちは、離島医療を支援し、予防医療を担います。
    私たちは、人間性豊かな医療人を育てます。
    私たちは、医療資源を大切に使い、効率的な経営を行います。
    私たちは、国際保健医療に貢献します。
  • ファインチームワーク : Fine Teamwork
    私たちは、互いを尊重し、力を合わせて、あらゆる問題を解決します。
    私たちは、安全で、安心して、生き生きと仕事ができる職場を作ります。

私たちは、すべての県民がいつでも、どこでも、安心して、満足できる医療を提供します。