麻酔科専門研修プログラム

※ツリーに基づいた内容を掲載
※既存サイトの総合診療科 専門研修プログラムPDFは以下▼
プログラム概要

専攻医(後期研修)/ 麻酔科

プログラム紹介

琉球大学麻酔科専門研修プログラムの専門研修連携施設Aである。

プログラム年数

4年間

取得可能な専門医資格

麻酔科専門医

指導体制

指導責任者:嘉手川 康人
指導医:嘉手川 康人、西 啓亨、伊敷 聖子、呉屋 太章、小田 浩央

プログラム概要

研修目標

安全で質の高い周術期医療を実践できる麻酔科専門医を育成する。

年次ごとの段階的な到達目標
  • 専攻医1年目
    リスクの低い患者の手術を中心に担当し、指導医の指導の下、安全に周術期管理を行うことが出来る。
  • 専攻医2年目
    リスクの高い患者の手術を中心に担当し、指導医の指導の下、安全に周術期管理を行うことが出来る。到達度に応じて重症度の低い心臓血管外科症例の手術を経験していく。
  • 専攻医3年目
    心臓血管外科手術、胸部外科手術、脳神経外科手術、帝王切開手術、小児手術や、特殊症例を担当し、指導医の指導の下、安全に周術期管理を 行うことが出来る。
  • 専攻医4年目
    様々な症例の周術期管理を安全に行うことが出来る。難易度の高い症例や緊急時などに適切に上級医を呼び、患者の安全を守ることが出来る
研修方略
  • 臨床現場での学習
  • 臨床現場を離れた学習
  • 自己学習により専門医としてふさわしい水準の知識・技能・態度を習得する

研修終了後の専門医取得

サブスペシャリティー領域として集中治療、ペインクリニック、心臓血管麻酔などがある。

研修終了後の進路

大学院への進学、サブスペシャリティー領域の専門研修も選択できる。