Case conference

Case conference

沖縄県立中部病院ではどの科においても毎週Case conferenceが行われる。
プレゼンターはもちろん研修医で、プレゼンテーションの仕方からスライドの作り方 発表の仕方まで先輩研修医が指導し、本番に挑む。
本番では、大勢の研修医や指導医の前で緊張しながら、様々なDiscussionや教育的な Feedbackをもらいながら発表をする。
特に内科では、全科合同のCase conferenceであり様々な分野の指導医を前に発表する. 発表する症例が腎臓内科の症例であっても、総合内科、循環器内科、呼吸器内科、神経内 科など、各科のSpecialistが参加しているので、様々な観点から教育的なFeedbackをもら うことができる. Feedbackは病歴の取り方、身体所見の解釈、心電図の解釈、胸部レント ゲンの読影など、研修医にとっては目から鱗の内容となっている。
また、後期研修医はCase conferenceの準備を手伝い、当日の司会進行を担当する. 後期研 修医にとっても後進の指導をするいい機会になるのは間違いないだろう。
また外部講師によるCase conferenceが多いことも当院の特徴である。毎年、Dr. Tierney、 青木眞先生をはじめとして多数の外部講師が来院される。毎年こんなに著名な外部講師が 来院される病院は、当院の他にはないと自負している。英語でプレゼンテーションを行う 際にも、当院指導医が手厚く指導してくれるので全く問題はない。
中部病院のCase conferenceは見学する学生には味わってもらいたい。 内科は毎週金曜日の朝7時30分から会議室で行っているので、是非参加していただきたい。

ケースカンファレンス スケジュール