1. トップ
  2. 採用情報
  3. 看護師採用情報

看護師採用情報

看護師大募集!!!
育休補充、NICU・GCU増床のため看護師募集しています
非常勤20名募集
*詳しくは、当院 看護師採用担当までご連絡ください
看護補助者も大募集中
詳しくは補助者ページへクリック!!!

看護師募集

看護師募集要項

募集職種

看護師(臨任・嘱託職員)

応募資格

看護師免許を有する者

募集人数

臨時的任用(臨任・嘱託)職員、随時募集

勤務体制

3交代制

勤務時間

  • 日勤勤務  8:00 ~ 16:30

  • 準夜勤   16:00 ~ 0:30

  • 深夜勤    0:00 ~ 8:30

休日

週休2日制(週38時間45分)

提出書類

  • 履歴書(写真貼付)

  • 身分証明書(本籍地の市町村役場で発行)

  • 健康診断書(後日別紙様式を配布)

  • 最終学歴の卒業書(写)又は卒業証明書(原本)

  • 看護師免許証(写)

選考方法

面接

募集は随時行っております。
提出書類は下記の連絡先まで郵送、又は持参下さい。
不明な点がございましたら、看護部 (内線3217)までご連絡下さい。

連絡先
〒904-2293 沖縄県うるま市字宮里281番地
沖縄県立中部病院 看護部
電話(代表) 098-973-4111

臨床研修看護師募集

臨床研修看護師募集

県立中部病院における看護師臨床研修とは1967年に医師研修制度ができてから50年となり、全国的にも高い評価を受けています。

2013年より新人看護師も医師の研修制度に習い、1年間複数の部署をローテーションする看護師の臨床研修を実施しています。

内科系病棟、外科系病棟、外来、救命救急センター(ER)、ICU、などをローテーション後、各部署をローテーション研修することでその部署の特色や新人看護職員研修要綱に沿って技術を習得します。

さらに希望する部署で研修し、1年間の研修プログラムを終了します。

1年間の研修を通して部署間の連携や組織の一員としての学びや、組織全体について理解できるようなプログラム構成になっています。

  1. 研修施設
    沖縄県立中部病院
  2. 募集期間
     平成30年5月から6月末日まで
  3. 募集人員 (  )名以内
  4. 研修期間
      平成31年4月1日~平成32年3月31日
  5. 応募資格
      平成31年3月看護師養成施設卒業見込みで免許取得見込みの者
  6. 待遇  臨床研修看護師として採用
    1. ① 給与    嘱託看護師の給与に準じて支給
    2. ② 通勤手当  有
    3. ③ 研修時間  8:00~16:30
    4. ④ 休日、休暇 週休2日制、有給休暇 年間10日
    5. ⑤ 福利厚生  社会保険、厚生年金、雇用保険、労務災害加入、寮なし
臨床研修看護師の声
  1. 様々な診療科の疾患、症状、治療、看護、処置、について学ぶことができた。
  2. 複数の科を経験することができ、いろんな場面のアセスメント力がつくと思う。また、自分が進みたい分野をより明瞭にすることができる。
  3. ローテーション研修では多くの症例と様々な看護場面を経験できると同時に多くの看護技術も習得できるメリットがあります。
  4. 必ず指導者がついて、手厚い指導が受けられます。また、研修生のみの勉強会もあり、研修生としてのメリットを感じた。
kango3.jpg

臨床研修要項

  1. 臨床研修のローテーション
    研修生4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
    A 新人看護職員オリエンテーション(4月)
    病棟研修
    病棟研修 ICU 外来 ER 希望病棟
    B ER ICU 外来
    C 外来 ER ICVU
  2. 部署研修
    部署目標ねらい
    病棟
    • 各診療科の患者の看護実践に必要な基本的知識・技術を学ぶ。
    • 集合研修の学びを活かし、指導のもと日々の看護実践の振り返りをを行い、学習習慣を身につける。
    • 看護実践の根拠を深めることができる。
    救急室
    • 救命救急センターにおける患者の特色を 理解する。
    • 特に救命救急センターにおける患者の倫理的配慮や職員間の連携、報告などコミュニケーション技術について学ぶ。
    • 危機的状況にある患者の看護技術について理解する。
    • 救命救急センターにおける看護体制が理解できる。
    • 高度なあるいは、複雑な看護技術及び救命処置の介助がまたは指導のもとで実施することができる。
    ICU
    (手術室)
    • 重症疾患、術後患者など急性期の重症患者の呼吸循環管理が必要な患者の看護技術について学ぶ。
    • 全身麻酔下にある患者へ倫理的配慮や合併症予防の看護について学ぶ。
    • 高度なあるいは複雑な看護技術、及び急変時の処置の介助、指導のもと実施することができる。
    • 周術期における手術患者について理解できる。
    外来
    (入退院支援室)
    • 通院を必要とする人々の生活支援について学ぶ。
    • 他の専門性の高い職種に触れ、継続看護、または患者の生活を多面的に把握する必要性を理解できる。
    希望部署
    • ローテーション研修を活かし、さらに関心領域の看護を主体的に学ぶ。
    • 指導のもと、患者の個別的看護が実施できる。
    • 指導のもと夜勤業務ができる。