1. トップ
  2. 部門
  3. 呼吸器内科

呼吸器内科

基本方針

患者さんの問題に正面から向き合い家族とのコミュニケーションを図りながら個別に最善の医療の提供をチームで推進します。

診療内容

肺炎・気管支喘息発作・COPD急性増悪、等の急性期疾患が入院診療の中心となっています。その他にも肺癌・びまん性肺疾患・睡眠時無呼吸症候群、など呼吸器内科が扱う疾患は多岐にわたり、診断から治療まで専門的な診療を行っております。代表的な疾患について説明いたします。

  • 肺炎
    急性呼吸器感染症であり、日本において死亡原因の第4位を占めています。肺炎の原因微生物は細菌だけでなく、ウィルスや真菌など数多く存在します。当院では喀痰グラム染色を含めた原因微生物の検索に力を入れており、治療開始時に原因微生物を可能な限り推定し、それに合わせた治療を行っております。
  • 気管支喘息
    発作的な咳・喘鳴・呼吸困難などの症状をきたすアレルギー性疾患です。慢性期には吸入ステロイド薬を中心とした薬剤や、ピークフローによる自己管理を行っております。発作時には救急外来で対応し、必要があれば入院加療を行います。
  • COPD(慢性閉塞性肺疾患)
    咳・痰・息切れを主症状とする肺の病気で、原因のほとんどは喫煙です。肺気腫と呼ぶこともあります。当院では禁煙外来において禁煙をサポートするとともに、薬剤による安定期治療を行っております。呼吸不全が進行した場合は、在宅酸素療法や非侵襲的人工呼吸器療法(NPPV)を導入することもあります。回復期には早期のリハビリも導入しております。
  • 肺癌
    レントゲンやCTで疑われる場合、気管支鏡検査などにより診断いたします。患者さんの状態や病気の進行度に応じて、外科や放射線科とも相談のうえ最適な治療を選択しますが、最終的には患者さんご本人やご家族と相談しながら治療方針を決定いたします。呼吸器内科では抗癌剤による化学療法を中心に行っております。
  • びまん性肺疾患
    特発性間質性肺炎や膠原病関連のものを含めて診断や治療に難渋することが多い疾患です。必要に応じて気管支鏡検査やビデオガイド下肺生検(VATS)を行い診断に努めており、病状にあわせた治療を行っていきます。
  • 睡眠時無呼吸症候群
    いびきや日中の眠気などの症状から疑われる場合、ポリソムノグラフィー検査を行い診断しています。重症度が高い症例については、鼻マスクによる持続陽圧療法(CPAP)を導入しています。

呼吸器内科外来のご紹介

当科の外来を受診していただく場合は、基本的に予約が必要となります。

当科宛の紹介状をお持ちの方は、事前に地域連携室を通じてご予約いただくようお願い致します。

スタッフ紹介

喜舎場 朝雄
山城 信
根井 雄一郎
長野 宏昭

診療実績

呼吸器内科・胸部外科 検査、手術実績2017

気管支鏡 147件

全呼吸器関連手術 48件

その他VATS 43件

肺がん 20件

入院患者数: 1267人

退院患者数: 1264人

学会発表・論文発表

内科年報 報告用 呼吸器内科業績 (2017年4月〜2018年3月)

1.口演
    a.

    播種性糞線虫症に伴う肺,気道疾患についての検討
    百瀬 匡 他
    第57回日本呼吸器学会学術講演会 2017年4月23日

    b.

    重症肺炎後にアクチノマイセスによる黒色気管支内結石を 生じた大量気道出血の1例 根井 雄一郎 他

    c.

    症例検討会 症例2 臨床コメント
    喜舎場 朝雄
    第57回日本呼吸器学会学術講演会 2017年4月23日

    d.

    反復する肺炎を契機に診断された分類不能型免疫不全症(CVID)の一例
    豊福 尚且 他
    第114回日本内科学会総会・講演会 ことはじめ 2017年 4月25日

    e.

    Risk Factors of Chronic Obstructive Pulmonary Disease
    Re-Hospitalizations in Teaching Hospital Japan.
    Yuichiro Nei,et al. ATS 2017 May 21, 2017

    f.

    A Case of Pulmonary-Renal Syndrome Caused by Streptococcal Infection.
    Junki Shimokawa,et al. ATS 2017 May 21, 2017

    g.

    Body mass index-percent forced vital capacity-respiratory hospitalization: new staging for idiopathic pulmonary fibrosis patients.
    Tomoo Kishaba,et al. ATS 2017 May 23, 2017

    h.

    The impacts of the experience of home visit for medical students and residents.
    Hiroaki Nagano
    Hawaii Okinawa medical education fellowship closing session May 25, 2017

    i.

    内科医のための結核診療入門
    根井 雄一郎  ACP Japan 2017年6月11日

    j.

    気管切開を希望しない神経難病の患者に対して、消防署に情報提供を行い、急変時の対応について協議を行った事例
    長野 宏昭  第19回日本在宅医学会 2017年6月17日

    k.

    訪問診療が医学教育に果たす役割
    長野 宏昭  第49回日本医学教育学会 2017年8月19日

    l.

    胸壁まで進展し悪性腫瘍との鑑別を要した肺アクチノマイ セス症の1例
    根井 雄一郎 他
    第79回日本呼吸器学会九州支部秋季学術講演会 2017年9月 22日

    m.

    複数の抗菌薬に不応な経過から診断されたクラミドフィラ 肺炎の一例
    百瀬 匡 他
    第79回日本呼吸器学会九州支部秋季学術講演会 2017年9月 22日

    n.

    バレニクリンによる幻視をきたした一例 
    山城 信 他
    第11回日本禁煙学会 2017年11月4日

誌上発表
    a.

    Staging of Idiopathic Pulmonary Fibrosis.
    Kishaba T.
    International Journal of Current Advanced Research. 2017 6(3):3005-3011.

    b.

    Subacute Interstitial Pneumonia.
    Kishaba T.
    J Gen Emerg Med. 2017;2(4):1-4.

    c.

    Fibrotic Sarcoidosis Mimics Non-specific Interstitial Pneumonia: A Case Report.
    Kishaba T,et al.
    British Journal of Medicine & Medical Research.2017;21(11):1-6.

    d.

    Indications of airway stenting for severe central airway obstruction due to advanced cancer.
    Nagano H,et al.
    PLoS One. 2017 Jun 26;12(6):e0179795.

    e.

    Causative species of nontuberculous mycobacterial lung disease and comparative investigation on clinical features of Mycobacterium abscessus complex disease: A retrospective analysis for two major hospitals in a subtropical region of Japan.
    Nagano H,et al.
    PLoS One. 2017 Oct 23;12(10):e0186826.

    f.

    Acute Exacerbation of Idiopathic Pulmonary Fibrosis.
    Kishaba T.
    Eurasian J Med. 2017 Oct;49(3):204-206.

    g.

    Clinical Characteristics Based on the New Criteria of Acute Exacerbation in Patients with Idiopathic Pulmonary Fibrosis.
    Kishaba T,et al.
    Eurasian J Med. 2018 Feb;50(1):6-10.

 14の口演発表、7つの誌上発表で合計21の発表

 内訳 初期および内科系後期研修医が筆頭演者の数 4

 指導医が筆頭演者または筆頭著者の数   17

後期研修プログラム

私達は、当コースで、地域の中核病院で内科医としての任務を果たしながら、なおかつ、呼吸器診療全般に亘る医療を提供できる医師の養成を目指していきます。呼吸器内科はアレルギー疾患、感染症、全身性疾患の肺病変、肺循環、悪性疾患などカバーする領域が多岐にわたり内科一般の知識をふまえた総合力が問われる分野です。従って当科では内科医師と しての基本的な診療能力を土台として総合力の高い呼吸器内科医師を育てていく事を目標としています。

後期研修期間は4年間とし最初の1年間は循環器内科、集中治療室、腎臓内科、消化器内科などの各分野をローテーションしてもらいます。

当院のシステムや救急当直になれる必要がある場合は、短期間、初期研修プログラムに編入してもらう場合もあります。2年目(PGY4)からは呼吸器内科のフェローとしてのローテーションが中心となりますが、この間も内科後期研修医の一員として、救急室や内科病棟の当直があります。

フェローとして気管支鏡、肺生検、胸膜生検などの手技はもちろん、他科からの豊富なコンサルトの対応、院内の人工呼吸器患者への多角的なアドバイスなどに我々スタッフと協力して精力的に取り組んでもらいます。また、肺癌、悪性胸膜中皮腫患者への化学療法、緩和ケアも学び、全人的医療ができる医師を養成します。

3年目(PGY5)には、離島研修として、沖縄県の地域中核病院で、一般内科医師かつ呼吸器内科医師として、実践的な研修を積んでもらいます。離島中核病院(県立宮古病院、県立八重山病院)は内科学会の認定教育関連施設であります。配属先の離島中核病院では呼吸器疾患の急性期から慢性期まで責任を持ち学ぶ事が出来ます。また、難しい症例や検査などに関しては必要に応じて当院スタッフがいつでも診療応援を行います。

4年目(PGY6)では再度県立中部病院のヤングスタッフとして勤務して機能形態学、病理生理学、分子生物学、薬理学、遺伝学、疫学、症候学、診断学、治療学に関する豊富な知識を有し、重要な専門的検査技術を取得し、広い範囲の呼吸器疾患の知識と理解、及び重要呼吸器疾患の臨床経験をし、高邁な医療倫理感を有する呼吸器内科医師専門医師への道を我々とともに歩んでいきます。