がん診療連携拠点病院

がん相談支援センターのご案内

がん患者さんやご家族の方が安心して療養を続けることができるように、不安や疑問、心配事についての相談を受けたり、がんに関する情報提供を行い、がん患者さんやご家族さんの生活の質の向上を目指しています。

場所沖縄県立中部病院 地域医療連携室・医療相談支援センター
本館2階案内図
利用時間9:00~17:00(月~金)
電話番号098-973-4111(代表)内線(3232)
FAX番号098-982-6568(直通)

お気軽にお立ち寄りください。
相談支援センターの看護師やソーシャルワーカーが質問や相談をお受けしています。
一人で悩まずにまずは、ご相談下さい。

患者相談窓口のご案内について

相談内容で多いもの

  • 主治医が提示した治療方法で本当に良いのでしょうか。
    主治医とうまく話しができません。
  • 他の先生の意見を聞きたい(セカンドオピニオン)のですが・・・
  • がんと診断されてから感情のコントロールがうまくいきません。
  • 仕事を続けられますか・・・
  • 家族に迷惑をかけたくないのですが・・・
  • 化学療法が高額だと聞き治療費の支払いが心配です。
  • 本人とどのように接したらよいのでしょうか(家族より)

事業内容

  • がん疾患・治療・検査などに関する相談、情報提供
  • がんの診療を行っている医療機関の紹介
  • 緩和ケア・終末期在宅医療に関する相談
  • がんに関する地域連携支援
  • がん患者のサポート(患者会など)

ゆんたく会のご案内

当院では、毎月第4回目の火曜日に「がんと生活を考える 患者❤ご家族の会」を開催しております。

患者会でのお約束

  • ここで聴いた話は、ここに置いていく
  • お話を最後まで聞く
  • 言いっぱなし、聞きっぱなし
    (ありのままに認め、聞き、否定しない)
  • 時間をみんなで共有する
  • 疲れたら休みましょう。
    部屋の外に出ても、途中で帰っても大丈夫です。
    無理に話そうと焦らないようにしましょう。

ゆんたく会の日程について

ボランティアへのお誘い

ご自身またはご家族のがん体験を活かして何かできる事がしたいとお考えの方がいらっしゃいましたら「相談支援センター」スタッフへお声かけください。

図書コーナーのご案内

就労支援相談の案内

緩和ケアについて

ごあいさつ

がんの検査、説明と同意、治療など診療の過程で様々な苦痛・不安など問題が生じます。
苦痛を取り除くことは病気の初期の段階でも、人生の集大成の時期でも、どの時期でも必要な大切なことです。

緩和ケアでは、患者様の話に耳を傾け、メンバーの専門知識を駆使し、相談しながら方針を立て、主治医や担当医に解決方法を提案しています。しかし症状が治まらず続くことが時々あります。
そのようなとき我慢する必要はありません。苦痛を取り除くことで治療が継続できることがあります。緩和ケアチームは困難なときでも解決法を考え続けます。必要なときは、お気軽に「緩和ケアチームに相談したい」と主治医や看護師にお伝えください。

緩和ケアとは

緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、痛みやその他の身体的問題、 心理社会的問題、スピリチュアルな問題を早期に発見し、的確なアセスメントと対処(治療・処置)を行うことによって、 苦しみを予防し、和らげることで、クオリティ・オブ・ライフを改善するアプローチである。  WHO(世界保健機構) 緩和ケアの定義(2002年)より

緩和ケアチームとは

医師、精神科医師、緩和ケア認定看護師、薬剤師、ソーシャルワーカー、栄養士、理学療法士など多職種で構成された医療チームです。一般病棟に入院中の患者さんとご家族のからだのつらさ、気持ちのつらさ、経済的な問題など「生活していく上でのあらゆる問題」 について解決へ向けての支援を主治医や病棟スタッフと連携して行います。

緩和ケアチームへご相談下さい

緩和ケアを希望されるとき

主治医や看護師さんへ「緩和ケアを希望します。」とお伝えください。

沖縄県在宅緩和ケアマップについて

沖縄県在宅ケアマップについてはこちら

緩和ケア外来

毎週火曜日 14:00~17:00

申込は、地域医療連携室・がん相談支援センターまで

TEL:098-973-4111(内線3231) FAX:098-982-6568

地域がん診療病院とのグループ指定状況

当院は、地域がん診療連携拠点病院です。【初回指定日:2007/1/31】

地域がん診療病院の県立宮古病院・八重山病院をグループ指定しています。両病院との連携を強化し、地域医療の充実を図ってまいります。

2017年度 中部病院・宮古病院・八重山病院 合同会議

開催6/5(月)17:30-18:20
症例中部病院症例
出席者[中部病院]7名:医師4名(副院長、腫瘍・血液内科1名、放射線科2名)、
 研修医3名
[宮古病院]8名:医師5名
 (循環器内科1名、外科2名、内科透析1名、消化器内科1名)
 研修医1名、看護師2名
[八重山病院]10名:医師4名(医療部長、外科1名、内科2名)、看護師5名
 薬剤師1名、栄養士1名、リハビリ1名
開催12/4(月)17:00-18:00
症例八重山病院症例
出席者[中部病院]3名:医師3名
 (腫瘍・血液内科1名、放射線科2名)
[宮古病院]6名:医師3名(外科2名、内科1名)、看護師2名、薬剤師1名
[八重山病院]5名:医師5名
開催2/19(月)17:15-18:15
症例2008-9年の中部病院における大腸がん診療の解析
出席者[中部病院]2名:医師2名(腫瘍・血液内科1名、放射線科1名)
[宮古病院]5名:医師3名(外科2名、内科透析1名)、看護師2名
[八重山病院]14名

沖縄県がん診療連携協議会・幹事会/各部会について

都道府県がん診療連携拠点病院である琉球大学医学部付属病院を中心に、県内のがん診療連携拠点病院、地域がん診療病院等を含め年4回、がん診療連携協議会・幹事会、各部会が開催されがん診療に関して協議しています。

沖縄県がん診療連携協議会

部会について

がんに関する講演会・研修会

医療関係者向け研修会等のご案内

化学療法と副作用対策に関する研修会

日時:令和元年10月21日(月) 19:00~20:30
場所:沖縄県立中部病院 第1・2会議室
対象:医師、看護師、医療従事者

地域の皆さま向けイベントのご案内

市民向け普及啓発イベント

がんを知ろう!inメインシティ

日時:平成31年2月23日(土) 10:00~16:30(予定)
場所:サンエー具志川メインシティ1F
対象:どなたでもお気軽にご参加ください。

今知っておきたい!「がん」のコト

地域の皆さま向け講演会

がんを知ろう!INうるみん

医療関係者の皆さま向け講演会

地域がん診療連携拠点病院講演会

早期診断のための研修会「膵癌早期診断の最前線~画像と病理所見を中心に~

緩和ケア研修会

★資料から画像作成

がん医療に携わる医師を対象とした緩和ケアに関する研修会(厚生労働省が定めるプログラムに準じ)を年1回開催しています。

「緩和ケア研修会2018」について

「ELNEC-Jコアカリキュラム看護師教育プログラム2018年度」についてはこちらです

緩和ケア研修会修了者(医師)

緩和ケア研修会修了者

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった